大阪市中央区 眼科 難波 高見眼科

Takami Eye Clinic 06-6634-3800

大阪市中央区 高見眼科 HOME

睫毛パーマ、エクステのトラブルは当院へ

 

 最近、まつげパーマやエクステで、眼にトラブルを起こして受診される患者様が増えています。
 2010年2月17日に「まつ毛エクステンション(エクステ)」で目に炎症を起こすなどトラブルの相談が急増していることが、国民生活センターのまとめで発表されました。
 まつげの美容行為(まつげパーマ・まつげエクステを含む)は本来、法令により”美容所内において、国家資格である美容師のみに施術”が認められていますが、最近は無資格で施術をしているサロンが多く見受けられます。
 違和感や痛みなどの症状があれば、早めに受診されることをおすすめします。

*長く太い人工毛(エクステ)を着けたことにより、エクステの重さで自分の睫毛が折れてしまうことがあります。折れて、地睫毛が千切れてしまう、エクステ部分が角膜に触れることもあります。角膜障害を起こさなくとも、結膜などに触れるだけでも、異物感が生じます。
*眼瞼内反症・睫毛内反症(睫毛が眼球の方に向かって伸びている)の方がエクステをされた場合、人工毛の根元部分が角膜に触れ、角膜障害を起こす可能性があります。
*エクステの接着部が剥がれかけている場合は、どんな方でも人工毛(エクステ)の根元が角膜に触れる可能性があります。
*エクステを着ける際に、接着剤(揮発性)で目が充血した、しみて痛い、接着剤は直接瞼についていないのに瞼が腫れる・かぶれるなどの症状が起こることもあります。
*睫毛パーマのパーマ液でも同様に、充血や皮膚のかぶれが生じることがあります。

大阪市中央区 高見眼科 院内イメージ

大阪市中央区の眼科

高見眼科

〒542-0076 大阪市中央区難波
3丁目5番11号 東亜ビル5階

tel. 06-6634-3800

高見眼科 HOME院長紹介施設ご案内アクセス目の病気